TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test 英単語

 英検に比べるとより実用的でビジネス志向なTOEICでは、ビジネスコミュニケーションに不可欠なビジネスレター、メモ、電話、メール、広告、契約書などが頻出トピックとして挙げられます。当然、TOEICテストに登場する英単語もビジネスに関連したものが多くなります。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

既知の単語の中にも、ビジネスシーンでは異なる意味をもつ単語もあります。例えば、'quotation'という単語の訳を「引用文」と覚えている学習者も多いと思いますが、次の英文はどう訳すでしょうか?

Please send me your quotation.

ここでの'quotation'は「見積もり」という意味になり、「見積もりを送ってください。」という訳になります。もう一つ例を挙げましょう。次の英文の'figure'の訳は「図」でも「人物」でもありません。

Last week our company released the sales figures for 2006.

'figure'には「数字」という意味があり、'sales figure'で「売上高」という意味になります。「先週、我が社は2006年の売上高を発表しました。」と訳せるでしょう。どちらもビジネスシーンでよく使われる単語です。
ビジネストピックに加え、政治、経済、教育、技術、医療といったトピックもTOEICでは頻繁に出題されます。頻出トピックに合わせて、これらの分野の頻出単語も抑えておく必要があります。