TOEIC(R)Test勉強法  ~ 語彙力を鍛える方法 ~

TOEIC(R)Test 期間

TOEICのための平均学習期間は4ヶ月と言われています。また、6ヶ月以上の学習期間を設けた人と比べると、



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス

4ヶ月の方が良い結果が出ていると言う報告もあります。すなわち、だらだら勉強するより、試験日目指して集中的に学習するほうが良いというわけです。TOEICの特徴(英検やTOFELなどと異なる点)ですが、出題990点中、半分はリスニングであることです。問題自体はそれほども難しいものではありませんが、リスニングが苦手な人には困難を極めます。TOEICで高スコアを上げるには、どれだけ、ネイティブの発音を聞き取れるかが大きな鍵となります。英語漬けの生活を送り、短期間に『英語が聞き取れる耳』を作り上げることが成功の鍵です。TOEICの文法問題に関しては、記憶してしまえば良いのでそれ程難しくはないでしょう。しかし、読解に関してはスピードが要求されます。多読の訓練が必要です。TOEICの試験は年間8回催されています。受験日を確定してそれに向けてがんばりましょう。