勉強の能率を高めるノウハウ  ~ 記憶力を高める方法 ~

復習に重点を置く

人間というのは忘れる動物です。程度の差はあっても、インプットしたことは必ず忘れるものです。覚えたことをそのまま全て忘れないなんてことはありえません。この事実を認識することが、記憶力を高めることにつながります。

正直、この文章を読んで頂ければ、対処法は自然に浮かんだのではと思います。覚えたことを忘れたのであれば、もう一度覚えるしかありません。つまり復習するというのが答えというわけです。

記憶力を高める上で復習というのは、とても大切なことです。一度では覚えられないことでも、何度でも繰り返せば必ず頭に定着します。(今までも、あなたは物事を全てこんなふうに覚えてきたはずです。)

英語も一緒です。何度も繰り返して覚えなおす。これが絶対的な基本となります。

私の場合、新しく覚えたことは、翌日、翌々日、1週間後、1ヵ月後というようなスパンで復習するようにしています。これぐらいやれば、まず大半のことは記憶できるようになっています。

TOEICイラスト2.gif

たまに、これでも覚えられないことがありますが、そこは気にしません。

覚えることはたくさんありますので、覚えにくいことに関わっているよりは、新しいことをさらに覚えたほうが能率的です。

私はこんなふうに割り切るようにしています。こうすると、復習の効果を最も効率良く使えるのではと思います。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス