勉強の能率を高めるノウハウ  ~ 記憶力を高める方法 ~

人に説明をする

あなたは『教わるよりも教えるほうが実は勉強になる』というコトバをご存知でしょうか?人間には同じモノを教わるときよりも、教えるときのほうが、その内容に対する理解が深まるという特性があります。その特性を活かすことで、学習効果を高めることが出来ます。

なぜ、モノを教えるときに理解度が深まるのでしょうか?

それは、教えるときには深く理解していることが前提条件となるからです。

自分自身が理解していなければ、そのことを相手に伝えることはできません。相手が何も知らない場合には、順序だてて分かりやすく説明しなければいけません。

そういったことをしようとすることが、知識をキチンと整理することにつながります。ですから、物事に対する理解度も自然と深まるわけです。

これは論より証拠、体験したほうが速いです。自分ではよく分かっていると思うことを、相手に説明してみてください。想像以上に難しいと思えるはずです。

そして、相手にキチンと説明できたとき、自分の理解度が深くなっていることに気がつくはずです。理解度が深くなっているので、そうは忘れません。

ですから、何か新しいことを覚えたときには、すぐに第三者に伝えるようにしてください。これだけで忘れずに済みます。

TOEIC.gif



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス