勉強の能率を高めるノウハウ  ~ モチベーションアップ法 ~

ヤル気が出る媒体(本や雑誌)を用意しておく

モチベーションというのは必ず下がるものです。これは仕方がありません。どんな人でもモチベーションを下げずにやり続けるということはできません。ですから、下がったときの対処法もあらかじめ考えておきましょう。

単純な対処法は、ヤル気の素を用意しておくことです。

たとえば、この本を読むとヤル気がでる。この映画を観ると、ヤル気が湧いてくる。そんなモノが誰にでも必ずあるはずです。そういったものを用意しておいて、ヤル気が下がったときに利用するようにしましょう。

もちろん、これは直接英語・TOEICと関連しないことでも構いません。

私の犬好きの友達は『忠犬ハチ公』や『名犬クイール』というような犬の物語を読むと、自分もがんばらなきゃという気持ちになるそうです。

こういったものであれば何でもOKです。

ポイントは、こういった媒体を数多く用意しておくことです。

感動する話、ヤル気が出来る話というのも、残念ながら何度も繰り返して聞くと、だんだん慣れてきてしまうものです。

そういった意味で、媒体の数は多いほうがいいです。
ヤル気の素はいくらでも転がっているので常に補充するようにしましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス