ユーザの声  ~ TOEIC(R)Test成功談 ~

常に英語の会話を耳にして、カンタンな英語をたくさん読む

初めてTOEICを受けたときのスコアが620。そこから3年で900まで伸ばすことができましたが、勉強法としてはオーソドックスなやりかたでした。

まず、英語の会話文を毎日聞く。
そして、次に英語の本を毎日読む。

これだけをひたすら繰り返しました。

私は英語の勉強は質より量だと思います。優秀な教師に教わったり、質の高い教材を使って勉強するのも大切ですが、それ以上に勉強量を増やしたほうが効果を期待できます

最初はTOEIC対策の問題集やNHKのラジオ英会話を利用して、レベルが上がるにつれて、ニュースやドラマ、映画も利用するようにしました。

リーディングも、最初は参考書から入って、徐々にペーパーバックや英字新聞のような生の英語が載っているものに切り替えました。

こうやって、絶えず英語に触れていること。そして、触れる英語の質を少しずつ高めていくこと。これがTOEICのスコアアップの王道だと思います。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス