ユーザの声  ~ TOEIC(R)Test成功談 ~

問題の傾向を掴むこと

TOEICは実用性が高いとか、実践的とか言われてはいますが、所詮はテストです。

出題される問題には一定の傾向がありますし、なかには頻繁に登場する問題もあります。(特に文法についてはそういった傾向があります。)

そういった傾向を理解して対策をしてきた人間というのは、それだけで有利に立てますので、私はTOEICの傾向を掴むことに力を注ぎました。

役に立ったのは、『TOEIC公式ガイド&問題集』、『システムTOEIC3 模試600問編』それから、アルクの『TOEIC(R)テスト』シリーズです。いずれもTOEICの雰囲気を掴むにはもってこいです。

また、『JUMP START LEARNING』という教材はリスニングセクションの攻略法が細かく書かれていて勉強になりました。(これだけのものは今でもないと思います。)

" target="_blank">このサイトで『JUMP START LEARNING』のレビュー記事&体験談を確認できます。

英語の基礎力がある人であれば、出題の傾向を知ることは大きさなアドバンテージです。傾向を掴むこと自体も英語のスキルアップにつながりますので短期間でスコアアップを狙う人は必須です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス