ユーザの声  ~ TOEIC(R)Test成功談 ~

TOEICテストは頻繁に受けたほうがいい?

TOEICテストというのは1年に8回行われるものですが、どれぐらいの頻度で受ければいいのでしょうか?

基本的には4~6ヶ月おきぐらいに1回といったところでしょうか。TOEICのスコアを100あげるには数百時間の学習時間が必要と言われています。一つのテストを受けてから、次のテストまで投入した学習時間が少なければ、それほど実力はついていないでしょうから意味はありません。

期間もそうですが、○○時間勉強したら次のTOEICテストを受けるというふうにして計算するとベストかもしれません。(勉強のモチベーションにもつながるかもしれないですね。)

ちなみに、短期間でどうしてもスコアを上げなければいけないという場合には、全てのテストを受けるというのも一つの手段です。

私の場合、TOEFLに関して、そういった経験があります。留学を控えていて、希望時期に留学するためには、今から1年以内に基準スコアをクリアしなければいけないというふうに、具体的に期限が決まっていたことがあります。

その時期には、1日中勉強していたので、短期間でも学習量が多かったこともあり、TOEICも含めて受けられるテストは全て受けていました。

テストも慣れなので、とにかく経験を積むということと、もしかしたら、たまたまいいスコアが取れるかもしれないという淡い期待もあります。後者のほうは、残念ながら見事に外れ、面白いほど同じスコアしかとれなかったのですが、経験を積むという意味ではプラスになりました。

短期決戦の場合には、なりふり構っていられません。当たり前の話ですが、TOEICはテストを受けなければスコアは出ませんから、とにかくテストという機会は逃さないという姿勢のほうがいいと思います。

でも、これはお金もかかりますので特殊ケースです。通常は、学習時間を計算して、年数回というのが妥当なところでしょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス