ユーザの声  ~ Q&A ~

英英辞典があったほうがいいのでしょうか?

TOEICで高スコアを目指すのであれば、英英辞典は必須という話を聞いたことがあります。私は今まで英和しか使っていないのですが、英英辞典があったほうがいいのでしょうか?

(Mihaさん)

(A)
英英辞典はあったほうがいいです。英英辞典を使用することにより英単語が本当に意味するところを的確に捉えることが可能となります。

あなたがよく知っている単語の意味を英英辞典でチェックすると、『こんな意味だったんだ!』という新鮮な驚きがあるかもしれません。

ただ、TOEICのスコアアップに英英辞典が必須かというと、決してそうともいえません。TOEIC800、900といったスコアにあるよう人であればともかく、中級レベルの方がそこまでする必要はありません。

英英辞典というのは、ある意味TOEICを卒業するぐらいのレベルになってから使ってもいいぐらいです。

英英辞典で意味を理解することには意義がありますが、TOEICのスコアアップという点でいえば、そこまでしなくても目的を達成できます。むしろ、英英辞典の意味を把握することに時間がかかるというデメリットのほうが大きいかもしれません。

英英辞典より英和辞典で意味を確認するほうが時間は短くて済みますし、特に初心者であれば、日本語を使ったほうがコトバの意味をイメージしやすくなります。

できれば英英辞典も使ったほうがいいのですが、使う辞書はあなた自身の好みで選べば十分です。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス