ユーザの声  ~ Q&A ~

TOEIC(R)Testのスコアを短期間であげるには?

Q:どうしてもTOEICのスコアを短期間でアップさせたいのですが、何かいい方法はあるでしょうか?



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス





A:語学力というのは地道な努力をしていくなかで始めて身につくものなので、短期間で実力をつけるというのは難しいというのが正論です。

ただ、TOEICのようなテストに関して言えば、対策をキチンと練ることで短期間で一気にスコアをアップさせることができます

ポイントは、取りこぼしをしないということです。リスニングセクション、リーディングセクションともに難易度の低い問題から高い問題まであります。TOEICのスコアが低い人は、全ての問題を同じように重要視して、全ての問題に正解しようとすることです。

しかし、割り切って考えるのであれば、難しい問題は最初から諦めて、簡単な問題を確実に正解させるほうが効率的にスコアをアップさせることができます。

リスニングの長文問題を捨てて、ひたすら短文を聴き取るトレーニングをする、長文を時間内に読むことを諦めて、短い文章を確実に読み取るようにする、文法知識を完璧にする。

また、『TOEIC』というようなTOEICリスニングセクションのスコアアップのテクニックを紹介しているよう教材もあるので、こういったものを利用するのもいい方法です。こんなことをしていけば、それなりのスコアはとれるはずです。

ただ、これはあくまでも非常手段です。

TOEICを受けるのも英語を話せるようになることが目的ですから、テクニックに頼ってスコアを上げるのは、決してためになることではありません

また、英語を話せるようになるために実力をつけることが結局は最良のTOEIC対策だったりします。(時間はかかりますが。)

事情があってどうしてもという人であれば、テクニックを要してというやり方もいいと思いますが、そうでない人には、地道に実力をつけていくことをオススメします。