その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

TOEIC(R)Testに向いていない人

人間の性格は様々です。どんな分野でもそうですが、どうしても向き・不向きというものが出てきてしまいます。TOEICも同様です。ダメとまではいいませんが、性格によって比較的カンタンに実力をつけられる人と、性格的に厳しい人がいます。

ここでは、TOEICに向いていない人の特徴についてお話していきます。
あなたに当てはまることはあるでしょうか?


日本語が苦手

いつも接している日本語さえままならないのに、外国語である英語ができるなんてことはありえません。英語が苦手という人をみると、実は国語が苦手という人が少なくありません。

逆に日頃から読書が好きというような人は、英語の上達も比較的速かったりします。

日本人にとって日本語がコトバの土台です。まずは日本語の力を伸ばすことから始めましょう。


記憶力が悪い

語学に暗記は欠かせません。コトバは知識を覚えてナンボですから、記憶力が悪い人はそれだけで不利です。

ただし、記憶力というのは使えば使うほど良くなります。ですから、『すぐに忘れてしまう・・・』という人も暗記する作業を繰り返していけば、だんだん記憶力が磨かれていきます。

ですから、最初のうちは忘れてしまうことを気にせずに、何度も何度も同じことを暗記することに勤めましょう。これがゆくゆくは活きてきます。


完璧主義の人

全てのことを理屈で理解しなければ納得いかない。こういった性格の人はTOEICには最も向いていない人種です。

コトバというのは、ある意味理屈を通り越している世界です。

たとえば日本語を振り返ってみてください。イチイチ、理屈で日本語の仕組みを理解していますか?考え出したら分からないことばかりではないでしょうか?

コトバというのは、『こういうときはこう言う』というパターンの組み合わせからなるものであり、そのパターンさえ覚えてしまえば、どうにでもなります。それをひとつずつ、理屈を考えることは現実的ではありません。

そもそも、ネイティブだって細かいことはわからないのに、日本人が理解できるわけがありません。

こんなことに気を使うこと自体は本人の勝手なので構わないのですが、まず英語を使えるようにはならないでしょう。当然TOEICもダメです。


理屈っぽい人

完璧主義と似ていますが、理屈っぽい人も語学には向いていません。

語学と言うのはある意味、感性で理解する部分もあります。心で感じたり、直感を活用する部分も多いということです。

ところが理屈っぽい人は全て頭で理論的に理解しようとしますから、こういった感性の部分がおざなりになってしまい、結果的に英語の力はつかないと結果になってしまいます。

これは本当に性格の問題なので、直すのも難しいのですが、こと語学に関しては、こういった人は、ある程度意識的にズボラさを身につけたほうがいいかもしれませんね。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス