その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

TOEIC(R)Test攻略法:通勤時間の使い方

通勤時間を利用して英語を勉強する。こんな人は少なくないと思います。忙しい毎日を送っていて、なかなか時間がとれないという人であれば、通勤時間というのは貴重な勉強時間というふうに感じるかもしれません。

遠距離通勤で毎日、通勤時間が数時間なんて人にとっては、特にそうかもしれません。

ただ、あまり通勤時間は英語の勉強に役立たないというのが私の考えです。

英語の勉強というのは集中力を必要とします。特にリスニングなどはそうです。雑音が多く、集中力が乱れやすい通勤時に出来るものではありません。

全く役立たないということはありませんが、たとえば電車のなかでヘッドフォンで英語を聴いている2時間と部屋で集中して取り組んでいる30分では後者のほうが上でしょう。

ですから、基本的は家で落ち着いて勉強する時間を確保することが大切です。

電車の中でムリに勉強するくらいであれば、何も考えないように脳を休ませるとか、仮眠をとるといったほうが結果的にはプラスだと思います。


もし、どうしても通勤時間内で勉強したいというのであれば、比較的気楽な気持ちで取り組めるものにしたほうがいいです。

たとえば、前日家で勉強したところを復習する時間に当てるというやり方です。復習であれば、それほど頭を使わなくても大丈夫ですし、それでいて、一度覚えたことを確認することの効果は絶大です。

あるいはアウトプットのトレーニングにあてることです。周囲の景色や状況を頭の中で英語で説明するトレーニングをする。こんなことをしていると、脳が英語に慣れてきます。

アウトプットも、それほど集中力を必要としないのでオススメです。

逆に単語を覚えようとか、リスニングのトレーニングというのは、あまり通勤時にはやらないほうがいいです。こういったインプット作業については、あまり高い効果は期待できません。

こんなふうに闇雲に通勤時間を利用するのではなく、その状況に合ったことをするのが効率良く英語を勉強するコツです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス