その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

TOEIC(R)Test攻略法:1000時間理論

あなたは1000時間理論というのものを聞いたことがありますか?
どんな分野でも、ゼロからある程度まで精通するには、1000時間努力する必要が
あるという理論です。もちろん語学もあてはまります。


1000時間というと1日3時間努力をした場合、約1年間です。これぐらいやれば、たしかに
どんなことでも、それなりのレベルにはなります。少なくても初心者の段階は突破する
ことができるでしょう。そういった意味で納得の数字です。


『1000時間だけでいいんだ』という感想を持つ方もいあれば、『そんなにかかるの?』と
感じた方もいると思いますが、後者の方に対してはさらにキツイ現実があります

それが語学の場合、もっと時間がかかるということです。

語学の場合、普通に話せると言えるようになるまでには4000時間はかかると言われて
います。さらに完全にマスターするには、なんと10000時間が必要なのだそうです。

英語は10年は勉強しないと言う人もいますが、こういった数字を見ると納得です。
つまり、外国語を取得するには長期間に渡って努力する必要があるということです。
それだけ大変ということです。

ただ逆にいえば、それだけの努力さえすれば誰でも話せるようになるというわけなので
そう考えると、根気さえあればどうにかなるということの証明でもあります。

いずれにしても長丁場の戦いということになるので、あまり焦らずにコツコツと
続けていきましょう。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス