その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

TOEIC(R)Test攻略法:外人さんが日本語を覚えるのが速い理由

私の出しているメルマガでは『日常会話例文や勉強方法に関する質問をお受けします』
ということを書いているので、色々な人から質問を受けますが、面白い
のは一度に違う人から同じような内容の質問や相談を受け取るという
ことです。不思議なことなのですが、何度もこういうケースがあります。


先週から今週にかけてもこのようなことがありました。数人の方
からメールを頂いたのですが、共通していたことは外国の人が
日本語を学んでいる姿をそばに見ていた経験があること、その
上達度のあまりの速さに驚いているということでした。


そして、もう一つ、彼らと比較して「私はいくら英語を勉強
しても話せるようにならない。頭が悪いんだなあ」と自分の
能力に自信を失っているということでした。


私も似たような経験があります。留学していたとき、
当時は(今でもかもしれませんが)日本が大ブームで、
大学で日本語を学んでいる学生が大勢いました。当然の
ごとく、日本人である私は彼らから歩く参考書のような
扱いを受け、質問攻めに合っていました。


そのときに驚いたのですが、全く日本語に触れたことのない人
でも1ヶ月もすれば、それなりに日本語を話せるようになって
いました。特に日本語を聴き取ることに関しては問題ないくらい
のレベルに達する人も結構いました。


そのときは彼らの上達度を見て「10年近くも英語を勉強して
いるのに話せないオレって何?」みたいな気持になったことが
あります。ただ、今ではそのようなことは全くありません。
それなりの理由があることを知ったからです。


その理由なのですが、日本語が世界中に存在する言葉の中
でも特殊なコトバであるということを知っていますか?私も
詳しい話は分からないのですが日本語って必ず母音
(a・i・u・e・o)がつきますよね。例えば「か」は「ka」
だし、「せ」は「se」です。でも、これって日本語ともう一つ
ミクロネシアかポリネシアか忘れましたが、南太平洋に住む
少数民族のコトバだけだそうです。


言われてみればそうなのですが、英語って「s」とか「t」の
ように母音がつかない音もあります。でも、日本人はそんな
ことは知らないですから全く聴き取ることが出来ないわけです。
これが、日本人が英語というか外国語を覚えようとするとき
に苦労する理由です。


一方で外国人にとっては、自分の母国語にない音でも、例えば
「se」は単純に「s」と「e」の組み合わせですから、すぐに
パターンを覚えられます。多分、日本人が方言を覚えるような
感覚なのだと思います。


ちなみに話がそれますが、日本人が話す英語が通じないのも
これが原因です。アメリカに行って「マクドナルド」と言って
みたが通じなかったと言う話をよく聞きますが、英語では
「Ma-k-do-na-l-d」と発音します。ちょっと違っているかも
しれませんが「k」・「l」・「d」と母音がない音があるという
のがポイントです。日本人の場合、これを「ma-ku-do-na-lu-do」
と母音を余計につけてしまっています。


これが、どれだけ変なことになるかというのは、日本語で考えて
みれば一目瞭然です。例えば「マクドナルド」に余計な母音を
つけてみるとどうなるでしょうか?「マクエドウナルドイ」何が
なんだかさっぱりです。まずこれを聴いて「マクドナルド」を
連想できる人はいないと思います。


ところが、日本人は英語でこれをやっています。だから通じない
わけです。聴き取りの場合でも、日本人は「マクドナルド」を
「マクエドウナルドイ」と覚えているようなものですから、
外人さんが「マクドナルド」と発音したときに、さっぱり
わからないわけです。


この話って、初めて耳にする人も多いのではないでしょうか?
最近では「発音が出来なくて・・・」という人も増えましたが、
単純になまっているなあぐらいにしか感じていないのではと
思います。でも、そんな次元の話ではありません。
もっと根本的な問題です。


思いっきり話がそれましたが、何を言いたいかというと、外人さん
が日本語を覚えるのは、かなり簡単だということです。ですから、
彼らが日本語をあっという間に話せるようになるのを見て、落ち込む
必要はありません。当然のことなんです。


彼らが能力的に優れているというわけではないというのは、
日本語を読めるようにはなかなかならないということからも
わかります。52個しかない平仮名だけでも、覚えるのに苦労
しています。もし、能力が優れているのであれば、簡単に
覚えられると思いませんか?


ただ、こんなことがわかってもあなた自身が英語を覚えられる
ようにならないと意味がないですよね。でも、その方法はあります。
英語の発音を勉強して仕組みを理解することです。


難しいように感じるかもしれませんが、そんなに難しいことは
ありません。たかだか、40音ちょっとです。しかも母音がつく音
に関しては日本語と同じですから母音がつかない音(子音)だけ
をチェックすればいいだけです。本屋さんへ行けば分かりやすく
解説してある本がたくさんありますので、それで勉強してみてください。


なんといっても自分の話す英語がどんどんネイティブに近く
なってきますから楽しくて仕方がないですよ。そして、音が
理解できるようになれば、記憶力をよくなります。何度も耳
にするコトバっていつの間にか覚えてしまいますよね。それと
同じことが英語でもおきるようになります。


一応HPに幾つか、オススメの本を紹介してあるので参考にして
みてください。
http://w117.d.fiw-web.net/study%20material%20impression9.htm


それにしても、なぜ日本の学校教育で発音をキチンと教えない
のか不思議です。一番最初にやっておけば、これほど苦労する
ことはないと思うのですが・・・


最後にもう一つ、外人さんが日本語を覚えるのが速い理由が
あります。それは単純にヤル気です。日本人みたいに「覚えな
ければいけないから」という理由で日本語を覚え始める人は
いません。


「日本語を覚える!」と自分で決意して始めていますから、
それだけ熱意を持って取り組みます。ですから当然のごとく
覚えも早いわけです。


なかには必要に迫られてという人もいますが、その場合でも
必要性を自分でしっかりと納得していますから本気で取り組めます。


最近日本では「これから国際社会だから」、「英語は必要になって
くるから」、「英語が話せると有利だから」という理由で英語を
覚え始める人が多いですが、殆どの人はそのコトバを自分で納得
していないと思います。ただ単純に周りがそういっているから
ぐらいの感覚ではないでしょうか?


そんなことはないと思う人も多いと思いますが、本気で英語の
必要性を理解するのは、日本ではかなり難しいことです。普通に
生活していれば、まず困らないからです。仕事で必要だからと
いうことでも、普段日本語で業務をしていて、海外の取引先と
やりとりがあるので、毎日1時間ぐらい英語を使うというぐらいの
レベルでは本当に真剣にはなれないですから。


私はこの真剣さの部分のほうが大きな影響があるのではと思いますが、
いずれにしても能力の問題ではないということです。だいたい、
コトバを喋れるようになるのに、能力は必要ないはずです。
身体によっぽどの障害がない限り、誰でもコトバは普通に話せる
のですから。やっぱり、能力は関係ないと思います。




学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス