その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

TOEIC(R)Test攻略法:何度もエネルギーを注入しよう!

今度こそ、勉強を続けて英語をモノにしよう!

最初は情熱に溢れているのに、数日も経つと面倒になってきて
気がついたらやめてしまっている・・・

今回はいつもそんなことの繰り返しというあなた向けのコラムです。


あなたが最初に英語を勉強しようと決意したときのことを
思い出してください。

次に、いつの間にか勉強を止めてしまっているときに気づいたときの
ことを思い出してください。


このふたつの時期の自分を比べてみたときに、何か違いはあるでしょうか?
多分大きな違いがあるはずです。


それは、気持ちのパワーです。情熱、ヤル気、熱意、言い方は色々
ありますが、最初はエネルギーに満ち溢れていたはずです。


それが気がついたら、そのエネルギーがゼロになってしまっている
というのが、途中で挫折してしまう人のパターンです。


勉強するというのは大変なことです。大きな労力を必要とします。
ですからエネルギーがなければ、当然ムリです。

そして、このエネルギーというのは、どれだけ大きなものでも勉強を
していくうちに、だんだん減っていくものです。


携帯電話のようなものですね。

最初はたっぷり充電されていたとしても、使っているうちにバッテリーが
減ってきます。たとえ使わなくても、時間がたつだけで減ります。


勉強するために必要なエネルギーも全く一緒です。使えば減るし、
使わなくても時間の経過とともに減るものです。

携帯電話と全く一緒です。


そうなれば、解決策はカンタンです。

携帯電話のバッテリーがなくなったら?

充電しますよね。

それと一緒です。勉強するために必要なエネルギーがなくなったら
充電すればいいだけです。カンタンです。


では、このエネルギーを充電するには、どうすればいいのでしょうか?

あなたが英語の勉強をヤル気になった原因を繰り返すことです。

英語の学習計画を立てるとヤル気が出るという人は、それをこまめに
何度も繰り返します。

映画を観るとヤル気になるという人は何度もこまめに観ます。


やり方は人それぞれですが、その人に合ったことをすればOKです。


ここで大切なことはやり方ではなく頻度です。

挫折しやすい人というのは、いわばバッテリーの容量が小さい人です。
すぐにエネルギーがなくなってしまいます。ですから、こまめに充電
しないとダメになってしまいます。

ですから、何度も何度も充電してください。

それこそ、毎日繰り返してもいいぐらいです。時間のムダに思える
かもしれませんが、長い目でみれば、こちらのほうがよっぽど効果的です。


それに、ヤル気のバッテリーというのは使えば使うほど、容量も
増えてきます。そのうち充電もいらないぐらいになります

ですから、最初だけはこまめに充電してあげてください。
それだけで、挫折を避けることが出来るはずです。


「もう一度始めよう!1日5分からの英会話 No.690」2005/10/14  から抜粋 
登録は
■ まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000103697.htm



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス