その他  ~ お役立ちTOEIC(R)Testコラム ~

リアリティが無い人はTOEIC(R)Testでスコアを伸ばすのは無理

TOEICというテストで、ハイスコアを取ろうとすれば、長丁場の戦いとなります。(戦いと言っても自分との戦いという意味です。)

短期間で一気にスコアをあげるというのは実質的には無理であり、じっくり腰を据えて地力をつけなければ、思うように結果を出すことはできません。一説にはTOEICでスコアを100点伸ばすには数百時間の学習時間が必要とされています。スコアがあがればあがるほど、さらにスコアを伸ばすためのハードルもあがります。

少なくても1年、2年という単位で取り組まなければ、700、800といったTOEICスコアに到達することは無いでしょう。

ここで重要なのが、それだけの期間、続けられるのか?ということです。

TOEICのスコアを伸ばすことの意義や価値を理解している
TOEICのスコアを伸ばすことに心底喜びを感じる
TOEICうんぬんを抜きにして、英語が本当に好き

こういった人でなければ続けることは出来ないでしょう。

『英語が話せるといいな』というような軽い憧れ程度では、実際に取り組んだとき、その大変さに耐えられないでしょう。そのためにも、まずは『なぜ、TOEICの勉強をするのか?』ということを真剣に考えることです。

それで自分が納得するような答えが出てこなかったら、『自分は本当にTOEICを勉強する気なのか?』ということを考えたほうがいいです。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス