その他  ~ TOEIC(R)Testと仕事 ~

TOEIC(R)Testで900というスコアは就職に有利となるのか?

TOEIC900というスコアは就職に、どのような影響を与えるのでしょうか?

履歴書には資格として記載出来ますし、ここまでのスコアを取るのは
並大抵のことではないので、プラスになるのは間違いありません。


ただし、就職を左右するほど大きな要素になるとは考えないほうが
いいでしょう。


個人的には、英語が武器になる時代は終わったと考えています。


もちろん国境を越えた仕事に英語は必須ですが、そういった企業に
就職する場合、英語は武器ではなく必要条件です。


一昔前であれば、『英語が出来る人は優遇しますよ』ということもあった
かもしれませんが、今はむしろ『英語が出来ない人は相手にしませんよ』と
いう印象です。


英語が出来ることがスタート条件、あとは本人の人間性や他のスキルが
大きな要因となってくるのではと思います。


一人の人間、社会人(ビジネスマン)として優れている人が語学力も
あるということであれば、大きなプラスとなりますが、英語しか
出来ないというようであれば、評価は低くなるでしょう。


ですから、就職に有利になるためにと言う理由だけでTOEICを
勉強するのは止めたほうがいいです。

自分がやりたい仕事をこなすうえで英語が必要ということであれば
いいのですが、目的なしに英語を勉強しても、あまり意味はありません。

語学を習得するには時間がかかりますから、どうせなら、違うことに
振り向けたほうが効果的です。

就職ということで考えるのであれば、まずは自分がどんな仕事をしたい
のかを明確にすることです。

明快な答えは出ないかもしれませんが、こういったことを真剣に考えた
人とそうでない人では大きな差が出ますし、企業の人事担当者であれば
そういった点を評価してくれるはずです。

TOEIC900=語学力というのは、あくまでも一つの手段です。
目的あってこその手段なので、まずは目的を明確にしましょう。

TOEIC900というスコアがその目的に合うものであれば、それは
就職するうえで大きな武器となります。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス