その他  ~ TOEIC(R)Testと仕事 ~

語学を活用して仕事をしたい人は、今がチャンス!! TOEIC700以上の人材に対する求人が増えています!

英語が話せること自体は、就職や転職に有利でも何でもない。語学が出来るだけで仕事が得られるというのは幻想。

 

これは『英語を活かした仕事をしたい』という人が必ず言われる言葉です。

 

私自身、自らの経験からも英語を使う職場でさえ、語学力よりも一般的なビジネススキルのほうが遙かに重要と感じてきましたが、どうやらその傾向に変化の兆しがあるようです。

 

私の友人が、ある大手転職会社に勤務しているのですが、英語が出来る人材に対する需要が増えているそうです。

 

これには、人口が減ってくる日本市場だけを相手にはしていられないという考えが広く浸透して、海外に活路を求める企業が増えてきているという背景があるようです。

 

一昔前のグローバル化、国際化と言われながら、本当に海外展開をするのは一部の企業だけだったという状況とは違い、本当に海外進出を真剣に検討している企業が増えているそうです。

 

それこそ、片田舎の小さな製造業者が販路を求めてアジアに展開するといったことが起きており、英語が出来る人材に対する需要はかつてないほどのようですね。

 

そのためか、語学スキルに対するハードルが低くなってきており、TOEICで700あれば、何らかの仕事が見つかる可能性があるという話です。

 

収入のレベルは、その人が持つ語学以外の能力や経験が加味されるので、一概にこれぐらいという基準はないということですが、その友人が務めている転職会社では、500万円ぐらいが底辺のようで、なかなか悪くない感じです。

 

もし、あなたがTOEIC700以上の実力を持っているのであれば、ダメ元で転職会社に当たってみてもいいと思います。

 

想像以上に語学者向けの転職案件を抱えており、なかには大使館勤務といった、かなりレアな職場も含まれているようなので、色々な可能性があります。

 

下記の転職会社は昔から語学に強いので、このあたりを狙うといいと思います。(どこかとは言えませんが、友人もこの会社の一つに勤務しています。)

 

リクルートエージェント

日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。

リクルートエージェントの求人情報を確認する

 

 

DODA

転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

DODAの求人情報を確認する

 

 

type

団体職員や公務員、通訳・翻訳等、語学スキルを活かした職集に強い転職支援会社

typeの求人情報を確認する

 

 

他の語学は?

補足なのですが、英語以外の語学に関する需要は、それほどではないそうです。英語の次に需要があるのは中国語ですが、それでも英語の十分の一に満たないそうなので、英語が圧倒的です。

 

それ以外の言語は推して知るべしです。

 

ちなみに、私の妻はフランス企業の日本支社で働いていますが、職場でフランス語が必要となるケースは殆どないそうです。フランス人の同僚との会話も英語ということです。

 

日本、フランス以外の国の人も働いているためですが、これは日本に支社がある外資系企業に共通することなので、やっぱり外国語に対する需要は英語となるようです。

 

それだけに英語が出来る人にとってはチャンスです。いい状況ですね。



学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら(姉妹サイト:かかってこい!英会話の説明ページにアクセスします)

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス